初心者の台湾劇場~愛台灣

ニュースZERO

カテゴリー

プロフィール

よしぼ

Author:よしぼ
似顔絵ツカエルサイト様
http://illustmaker.abi-station.com/

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護国神社へ参拝


201208151720000.jpg

昨日、仕事が終わった後バイクで護国神社へ参拝してきました。

自分の他は、参拝者は極わずか。
でも20代の人が参拝に訪れたりしたいた姿が見れたのは嬉しかったです。


思えば12年前。
小林よしのりさんの「戦争論」を読んで衝撃を受けました。
そして、戦場へ行った人たちの話を聞きたくて、友人と二人、
靖国神社にいる「英霊にこたえる会」の方たちに会いました。


靖国で話をしてくれた爺ちゃんたちは、
元一兵卒~元士官まで。
彼らは頭の良い人たちが多く、中には英語が達者な人まで(笑)
足は弱ってるけど、背筋がビシッとしていて、
堂々としているが、話すときはニコニコ。


「死んだ戦友に申し訳なくてね・・・
 自分は生き残って幸せな生活を送っている。
 だから死んだ戦友の為に、記念日には必ず靖国に来ているんだよ」


話を聞いていると、
彼らの多くは、「徴兵」ではなく
「志願」で入隊した人が多いようでした。


「国の為に自分も一肌脱ごうと思って志願したんだ。
 戦争に負けたから、色々言う人たちは多いけど、
 あの戦争が無かったら、その後の有色人種の国々が独立することはなかった。
 だからあの戦争に参加したことを僕は誇りに思っているよ」


徴兵で嫌々連れて行かれ、
最後は戦死されてしまった人は気の毒に思うけど、
志願で出征した人は、全然違っていた。

「昔も今も信じられる」

そんな気骨さが感じられました。



爺ちゃんたちとの別れ際、最後にポツリと、

「もう何十年も、僕たちは靖国神社で活動してるけど、
 マスコミが取材に来たことは一度も無い・・・」



護国神社から帰宅したあと、
12年前のあの時のことをずっと思い出していました。

後輩や関係者の話では、
この12年の間に、あの時の爺さん達の多くは亡くなったみたい。
今頃、あの世で戦友と酒を酌み交わしているのかな。




TVで戦争体験を語ってる人の番組を観ました。
出てくるのは、戦場を知らない
「戦時下」を生き空襲を経験した人たち。



「戦争が憎い」


と口々に語っていたけど、



あんなにひどい事をしたアメリカに対して、
文句は一つもない。


広島を訪れた原爆設計者のアメリカ人から、
「私は謝罪するつもりはない」
と言われても何も言わない被爆者たち。


爺ちゃんたち、
この国はもうダメかもしれんよ。





 

スポンサーサイト

初めて〇〇ィ〇の〇イミ〇さんと出会う


「どうも初めまして、
 よろしくお願いします」



デジカメ練習 020


先日、ミクで知り合った名無しさんと
初めてツーリングしてきました。


顔の見えないネットの向こうの方と、
直にお会いするのは数年ぶり。
台湾のお爺さん以来です。


名無しさんは、とあるコミュニティーの方でしたが、
30人いるメンバーの中で、
一番、気さくな方に感じたので、
「この人ならいいかも♪」
って思い、今回、リアルで会うことになりました。


今では「オフ会」ってのが当たり前の時代ですが、
バイク関係って、ネットの無い時代から、
雑誌の募集などを通して知らないもの同士で出会うことは
行われてきました。

バイク乗りだと、身近に同じ趣味の人がいないってザラですからねぇ


実際の名無しさんは、
私が思った通りの方でしたので、
ツーリングは楽しかった。
「また一緒に走りましょう」
ってことで、また秋に会う予定です。



まぁ思えば、10年前。
初めてバイクを手に入れた時も、
「誰かと走りたい」
って思い、ネット掲示板から知り合ったAライダーさん。


元暴走族上がりの40代の方でしたが、兄貴分な風格を持つ義理堅い方で、
しかも会社社長という方(笑)
ツーリングだけでなく、スキーに行ったり、時に悩み事のアドバイスを戴いたり、
Aさんを通して、他のライダーさんとも出会いました。



私が家庭問題で頭を抱えていた頃、
全然、Aさんと連絡も取らなくなっていた時、

「せっかく知り合ったのだから、
 たまには会いましょうよ。」

ってメール来たのですが、
悩み事を話したところ、
それっきり、Aさんとは音信普通になってしまいました。



まぁ今思えば、
当時はすでにバイクは手放してしまってたし、
どん底に陥っている私に気遣って、
連絡を取ることを辞めてしまったのかな。


彼の友人と昨年まで年賀状のやり取りしていたけど、
どうもバイクには乗っていない?感じ。



またいつか再会できたらなぁ
って思う、懐かしい方でした。


とはいえ自分、

ミクではいままで何人かの方から、
「お会いしませんか?」
って言われてきたのですが、
全て断ってきましたw










FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。