初心者の台湾劇場~愛台灣

ニュースZERO

カテゴリー

プロフィール

よしぼ

Author:よしぼ
似顔絵ツカエルサイト様
http://illustmaker.abi-station.com/

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市橋達也の刑が確定

小沢一郎の裁判が話題になってるさなか、

2007年、リンゼイさんを殺害した市橋達也の刑が確定したそうで、

彼はついに上告しなかった。



無期懲役か。

仮出所があったとしても、最低30年は刑務所から出られないみたい。

となると出た時は60歳以上。

この歳で出ても年金は無いし、自活は厳しいかな。



以前、耳かき女性2人を殺害した被告人は無期。

それと比べれば、市橋は重い。

傍聴してたとき「最初から殺意があったかどうか?」
が焦点でしたが、私的には彼の発言から、それは感じなかった。


これが妥当な判決だったのかどうか分かりませんが、
市橋はこれを受け入れ、
リンゼイさんご両親の気持ちは、大いに反映された。



振り返れば、
リンゼイさん両親が、何度も来日してまで戦って来なければ、
これほど大きく報道されることも無かったし、注目もされなかった。


「もし、自分の子供が海外で殺害されたら、
 リンゼイ夫妻のような行動が、果たして自分には出来るかどうか?」

子を持つ親の中には、
そう考えさせられた人もいるのかな。



昨年、法廷で見かけた市橋は、

髪の毛は縮れ毛。
けっして綺麗とはいえないジーパン。
時に全身が震え出し、
その身震いから、手錠の摩擦でガチャガチャと音を立て、
刑務官が抱えないと立てない状況もあった。



「いい人間になりたかった!!!!」


泣きながら慟哭した彼の言葉が、今でも忘れられません。



どんな人でも、
いつ人を殺めてしまうかも分からない。
市橋裁判からそう考えさせられました。

市橋達也 裁判 傍聴 023

市橋達也 裁判 傍聴 026







スポンサーサイト

修那羅石仏群を見に行った



長野県は筑北村にある、
「修那羅石仏群」を見てきました。
石仏から道祖神と色々あり、
全部で数百体が山の斜面に安置されています。
見応えあり!
点心を蒸す ベーコン 012

点心を蒸す ベーコン 009

点心を蒸す ベーコン 005

点心を蒸す ベーコン 002

十二単を着た女性の石仏。石仏の中でこれは珍しかった。
点心を蒸す ベーコン 010

帰り道に、上田市にある別所温泉の外湯「石湯」へ。
入浴料150円。30分半身浴したらスッキリ爽快でした。
点心を蒸す ベーコン 011

最近は本田小狼で、
あちこち散策してばかりです(笑)






尖閣諸島



昨日の報道には、度胆を抜かれました(笑)

石原慎太郎さんが東京都で「尖閣諸島」を購入する。


尖閣の地権者と石原さんとの話し合いは、
実は10年以上前から、話し合いが行われていたと、
昨夜、報道番組「ニュースステーション」で知りました。


とはいえ、
なぜ今にいたって購入発言なのかって考えた時、


フフフ・・(笑)

中国は今年、
共産党大会を控えていて、激しい権力争いの真っただ中で
内部はゴタゴタだもんね。
だから、対外戦略はまともに取れないですね。


石原さんも地権者も、
この時期を狙っていたとしか思えない。






本田小狼でお散歩




昨日は、南信州にある陣馬形山へ
本田小狼(スーパーカブ)に乗って行って来ました。

標高1000m以上。
見晴は最高ですが、
気温は真冬並み・・・・・

昨年ここで、
寒さに震えながら露営(キャンプ)をしたことが懐かしい(笑)

点心を蒸す ベーコン 002
点心を蒸す ベーコン 001

台湾で愛された日本人



日本では、まだまだ無名だけど、
台湾では、偉人として台湾歴史教科書に紹介されている日本人、

八田與一


近年、八田與一が注目され、
2006年には、台湾で「水色嘉南」という題名でドラマ化。
(当初、夫人役に松田聖子が打診されてました)


その後、日本では、アニメ「パッテンライ」という題名で制作されたと知っていたのですが、
残念ながら、レンタルショップなどでは、陳列されていません。
でも今回、ニコニコ動画に、どなたかアップされていて、
ようやくお目にかかることが出来ました


こういうこととなると、
著作権云々~と言われる方々が必ずおられますが・・・


良い物を観させてもらいました。





ふと思った 摩托車


久しぶりの更新です。

台湾をバイク(摩托車)で周遊してみたいと、ふと思いました。


4年前に澎湖諸島へ行った時、
バイクを租車して周遊したときは、とても面白かった。


とはいえ・・・・



日本=左側通行
台湾=右側通行


実は、澎湖で運転していた時、
通行を間違えそうになったことも・・・


時間とお金があれば、
台湾のどこかをバイクで周ってみたいです。

あわよくば、
露営しながら周れたらいいですけど、
まぁ、治安のこととかあるだろうからなぁ


加曾利さん、台湾をバイクで周ったんですね~
もう2年前ですけど!
http://youtu.be/2Rl-m0Kxnj4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。