初心者の台湾劇場~愛台灣

ニュースZERO

カテゴリー

プロフィール

よしぼ

Author:よしぼ
似顔絵ツカエルサイト様
http://illustmaker.abi-station.com/

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬式を終え


祖父とは同居でなかっただけに、
普段から、あまり会うことがなかったので、
祖父には申し訳なかったです。


出棺の前日の深夜は、
誰もいなくなった祖父の部屋、祖父と二人きりで、
十分なお別れをしたことで、心の区切りがつきました。


昨年、私の離婚に、
とても同情し先行きを心配してくれた祖父だっただけに、
悲しみは、ひとしおでした。




通夜、納棺、斎場、告別式、お寺参りと、、、
大人になって、初めて、通しで葬式を知ることが出来ました。

「いずれ私が喪主になって、いつの日か両親を送る番だな」


そんな気持ちにを持ちながら葬式に参加していました。



悲しい葬式とはいえ、和尚さんとの話は、とても面白く、
我が家の菩提寺では、多くの宝物を見せていただき、
写真に収めさせていただきました。

また近日アップさせていただきます。


「あの~台湾の旅行記はどうなったの??」


すっかり忘れたままでした!!wwwww





スポンサーサイト

不幸がありまして。


 今日、病気療養していた祖父が突然亡くなりました。

日ごろから、ニュースに親しみ、昔話を色々話してくれた祖父。


支那事変に従軍し、国民党軍の銃弾受け、瀕死の重傷を負いながらも、
奇跡的に生還してくれたお陰で、今の私は、この世に生を受けました。


私にとって、祖父は歴史の生き証人でした。


教科書に載ってない歴史を教えてもらい、
今の時代では決して理解してもらえない、戦地での出来事を、
私に話してくれました。
そして、私を、とても可愛がってくれました。


大正時代の生まれだけに、人前では絶対に涙を見せず、
寡黙に仕事をしてきた、職人肌の祖父。
そして、昔話を沢山してくれた祖父。

特に戦争時の話は興味を引きました。


「オラぁ、無事に戦争から生きて帰れて幸運だった。
 軍隊に行って、沢山の事を学ばせてもらった。
 特に上官の統率力は素晴らしくて、あんな人は、
 後にも先にも、出会ったこと無い。」



「226事件の時、首謀者だった磯辺な、、
 あの人、責任取らされて、処刑されたって言われたけど、
 実は、罪を許され、ソ満国境にいるってのが軍隊内に噂あってな、
 中には、磯部と国境で出会ったと言ってる男もいたんだよ」



「行軍中、シナ人の農家から生卵を貰って、みんなで食べたんだけど、
 そしたらガイドのシナ人が俺達を気味悪がった。
 後で聞いたら、シナ人は生ものは全部火を通すんだそうだ。」



「国民党軍と戦った時、みんなで一斉突撃して敵陣地に入ったら、
 二人のシナ人が泣き喚いて、必死に命乞いをしていた。
 後で知ったが、この二人は地元の農民でな。
 国民党から強制的に引っ張り出されたっていうから、
 可愛そうなもんじゃった。
 
 国民党軍ってのは弱かった。
 いつも突撃すれば、みんな逃げちゃうんだから(笑)」



「軍隊では100円貯めて、そのお金で自転車買おうとしたら、
 親父に怒られてな。でも便利だから、親父の話を無視して、
 買っちゃった(笑)」



「当時の日本の男はみんな、軍隊に入るのが国民の義務だった。
 生きて帰れてよかったし、オラァは国民の義務を果たせて
 よかったと思ってる」
 



じいちゃん。
長い間ご苦労様でした。
いつの日か、また会いましょう。
 
 






ブログ更新気味 鉄腕ダッシュを目撃


すっかり更新しないまま。

旅行記も怠けたまま。


画像が復活しなかったのが悔やまれて、
そのままやる気をなくしてしまった感じ。

どう書いたらいいのかと、悩んでしまう。


でも、なんとか書こうと思います。



先月、私の街にアイドルTOKIOが来ていました。

私は、撮影を偶然見かけ、地元民が水鉄砲持っていたから、
「鉄腕ダッシュ」の撮影かな?思ってたら、
昨日職場の仲間から、本日日曜に放送されるとの事。
しかも、ジャッキー・チェン(成龍)がいたというから驚き!!

TOKIOは、好感が持てて、昔から好きです。

ちなみに場所は、松本市龍興寺の周辺で行われたとの事。
これから番組を見るのが楽しみです(^^)


デジカメ画像の復元に挑戦

旅行から帰ってから、

台湾旅行で、誤って削除されてしまった、

二日分の画像を復元できないものかと、

色々なフリーソフトで試しましたが、

残念ながら復元できませんでした。。。。




復元できなかった原因は、

削除されてしまった画像は、
復元できるのですが、消去した上から、
また、撮影して保存すると、
以前の画像の復元の確率が、低くなってしまとのこと。


私の場合、消去してしまったメモリーカードに、
また、容量一杯に、新しい画像を保存してしまったので、
復元には至らなかったのです。


今から思えば、
消去してしまった当日に、
復元ソフトZero Assumption Digital Image Recoveryに出会っていれば、
多くの画像が復元できたと思われると、悔しいです(^^;


ちなみに、上記の復元ソフトは、多くの復元ソフトの中でも、
最強だというクチコミがとても多いです。
なにしろ業者よりも、性能が良いとも言われています。



もし、デジカメ画像を誤って消去したり、
メモリーが認識しなかった場合は、

絶対諦めずに、まず、重ね撮りをしないまま、
復元ソフトでの画像復旧をしましょうね。



二年前の台湾旅行では、デジカメを置き忘れて、
撮影できず、
今回は、消去、、、、、、

おっちょこちょいな性格もありますが、
私は、台湾旅行の撮影に、縁が無い気がします。




台語・中文は発音が難しいと痛感


台湾滞在中に、夫妻から些細な台湾語・中国語の単語の発音を、
結構、教えてもらいました。


それが台湾語か中国語なのかも分からないまま(笑)


例えば‘私’は台湾語で「ゴゥァ」だったかなww

「ゴゥァ」

「ごぁ、ですか?」

「違う!ゴゥァ」

「ごぅうあ~??。。。かな?」

「う~~ん・・・・・」

「パイセー・・・・・」

発音を真似たつもりでも、いつもこんな感じでした(^^;


逆に、外国人が日本語を発音するときは、
発音がおかしくても、何言ってるか分かるのにww


4年前に台湾に嫁いだ日本人妻も、

「台湾に嫁いだ頃は、話しても発音がダメで、
 全く通じなかったのよ。苦労したわ」



その日本人妻は、台湾に行って14年の方でしたが、
であった頃は、台湾語の日常会話も習得していて驚いた。

「どうやって台湾語を覚えたのですか??」

「義母が話している台湾語を聞いているうちに、
 自然と覚えちゃったのwww」




今回、台湾に滞在中、9割は台湾語に囲まれた毎日でした。

旦那さんがよく観る、民視台湾台で放送されていた「大話新聞」は、
字幕の無いオール台湾語!!

その番組を、台湾語を分からない自分は、旦那さんと一緒に、
観ていた。


「何言っているか分かりますか??」

「いいえ、全く分かりませんww」


普段、聞き慣れない台湾語の発音は、
私にとって、新鮮な響きでした。
どこか、タイ語やベトナム語に近い響きに感じた。



意味不明な台湾語を、
私は、耳を立てて聞いている毎日でした。
台湾語が、とても新鮮な響きでしたから。


こんな感じで、台湾に私も14年いたら、
日本人妻のように、
台湾語を覚えられるのでしょうか(笑)




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。